""

 

重要なお知らせ

お知らせ

新型コロナウイルス感染症影響下における UPKI電子証明書発行サービス の業務について

サービス窓口の業務は、全てリモート勤務体制に移行しました。
これに関連して、下記の通り皆様にお知らせ申し上げます。

■ サービスの維持について

  • 維持・管理に関する業務は通常通り実施しております。
  • 証明書自動発行支援システムを用いた証明書発行が可能です。
  • 発行済みの証明書も有効期限までご利用いただけます。

■お問い合わせについて

  • リモート体制移行に伴い、回答にお時間をいただく場合がございます。
  • Jira Service Desk でのお問い合わせをお願いします。
  • 電話、電子メールでの受け付けは停止いたしました。

■申請の受付について

  • リモート体制移行に伴い、受付にお時間をいただく場合がございます。
  • 申請システムを介した申請のチェックは従来通り実施しております。
  • 用紙が必要な申請については、多くの機関で同様にリモート勤務体制に移行している現状も鑑み、後日の提出でも可とします。

令和2年度UPKI電子証明書発行サービス 利用料金について

令和2年度のUPKI電子証明書発行サービス利用料金については、変更予定はございません。

  • 消費税相当額の増分(8%→10%)について、ご負担をくださいますよう、お願い申し上げます
  • サービス利用料金の額については、「UPKI電子証明書発行サービス利用細則」をご確認ください
    • 料金の基準となる「構成員数」を含め、現在の登録情報はUPKI申請システムにて確認できます
    • なお、「構成員数」の基準にも変更はございません

※「【重要】令和2年度UPKI証明書サービス利用期間更新申請書の作成について」をお知らせに掲載しましたのでご確認ください。

UPKI電子証明書発行サービス 2018 アップデートについて

2018年に実施する本サービスのアップデート内容を、下記リンク先にて公開しております。
ご参照ください。
https://certs.nii.ac.jp/upki_update_2018

■DNで使用可能なSTの値について
主体者DNのSTで使用可能な値の一覧を掲載しました。
詳しくはマニュアルをご参照ください。

■サーバ証明書インストール後のエラー(2018/3/26以降発行分)について
2018年3月26日 19:00以降に新規発行または更新発行した証明書では、中間証明書が変更になっております。
リポジトリをご確認の上、
  「国立情報学研究所 オープンドメイン SHA-2認証局 CT対応版 CA証明書(nii-odca3sha2ct.cer)」
を取得してインストールしてください。
インストール方法については、マニュアルをご参照ください。

電子証明書発行を希望される方へ

""

UPKI電子証明書発行サービスでは,参加される学術機関(大学、短大等)の方々へ向けて,電子証明書発行事業の紹介,参加方法,電子証明書発行手順などを掲載しております。
概要はこちら

参加方法につきましては参加手続きをご覧ください。
参加手続き

構築・設定に関することについては,規程・マニュアルをご覧ください。
規程・マニュアル