メニュー

アーカイブ

この記事は過去のUPKIイニシアティブに掲載されていたものです
 

仕事量(工数)の算出について

UPKIオープンドメイン証明書自動発行検証プロジェクト


このプロジェクトに関するお知らせはNEWS、イベント等での資料は公開資料、よくあるご質問は左メニューのFAQをご覧ください。
 
  • 機関責任者および登録担当者(以下「作業者」と呼びます)が、当該作業のために要した時間を積算して求めてください。
  • 正確であることは求めませんが、なるべく実態に即した回答をいただきたく思います。
  • 単位は人月/人日/人時間で表します。
  • 1人日=8人時間、1人月=20人日とします。
  • 回答者が他の方の工数を調査できない場合は、推量して積算してください。
  • 事務局で証明書発行を行っている時間など、作業者が待っている時間で作業者が別の事を行っている時間は含みません
  • 具体的に数値を記入していただく欄は、選択肢だけでは伝わり辛い作業者の実感をお教えいただくために設けたものです。できるだけこちらを選択し記入していただければと思います。


審査および発行業務について

  • 審査・発行業務に要する平均的な工数を回答してください。
  • 申請1件あたりの工数について入力してください。
    • 複数の発行申請をまとめる仕組みを備えています(複数行からなるTSVファイルが作成可能)が、それらまとめたものを1件としてその処理にかかる工数をお答えください。
  • 審査・発行業務には、加入者からの発行に関する問い合わせ対応も含まれます。
  • 実際に審査を行なうために不可欠な方が機関責任者・登録担当者以外に居る場合は、できるだけその方の工数も含めるようにしてください。
  • 例えば…
    ・審査業務 20分
    ・申請書記入 10分
    ・メール作成 5分
    ・証明書配付 5分
    ・その他 5分
    →計45分/申請
    の場合、0.75人時間とご記入ください。