メニュー

アーカイブ

この記事は過去のUPKIイニシアティブに掲載されていたものです
 

発行申請TSVファイルフォーマット

UPKIオープンドメイン証明書自動発行検証プロジェクト


このプロジェクトに関するお知らせはNEWS、イベント等での資料は公開資料、よくあるご質問は左メニューのFAQをご覧ください。
 

TSVファイル共通の事項

  • テキストファイルで区切り文字はタブ(0x09)とする。
  • 改行はCRLF(0x0d 0x0a)もしくはLF(0x0a)とし、一行が1つの申請に対応する。ファイル末尾の改行はあってもなくても良い。
  • 文字エンコーディングはShift_JISとする。
  • 各カラムにタブ記号を含めることはできない。各カラムをダブルクォート(")等で囲ってはいけない。
 

各カラムの説明


No.項目名称必須文字種最大文字数説明
1

主体者DN(*)

半角250

・CSR(#7)のDNと合致していること。
・順序はCN,OU(任意,複数可),O,L,Cとすること。
・CNは加入者FQDN(#11)と一致すること。
・O=<機関名(英語表記)>,L=Academe2,C=JPとすること。

2証明書プロファイルID半角11(固定値)を入力してください。
3-6予約済---何も入力しないでください。
7CSR(*)半角2048・DNは主体者DN(#1)と合致していること。
8加入者氏名

全角・半角(*)64 
9加入者所属全角・半角(*)64 
10加入者E-mail(*)半角78

・使える記号はハイフン「-」、アンダースコア「_」、アットマーク「@」、ピリオド「.」のみ。

11加入者FQDN(*)半角64

証明書発行を申請するサーバのFQDNを入力してください。
・主体者DN(#1)のCNと一致すること。

12加入者ソフトウェア名
およびバージョン
半角・全角(*)128サーバソフトウェア(HTTPサーバ)名およびそのバージョンを入力してください。
13dNSName(*)×半角250同一証明書に複数FQDNを記載する場合に入力します。
 

注意事項:
  • 入力必須の項目で該当する値が不明の場合は「N/A」としてください。
  • 主体者DN(#1)については、
    • カンマ区切りで、カンマの前後に空白を入れないこと。
      例:CN=upki-portal.nii.ac.jp,OU=Cyber Science Infrastructure Development Department,O=National Institute of Informatics,L=Academe2,C=JP
    • 各項目のイコールの左側の文字("CN","OU","O","L","C")はいずれも大文字であること。
    • OおよびOUに使用できる文字は、半角英数字、空白「 」、アポストロフィ「'」、括弧「()」、カンマ「,」、ハイフン「-」、ピリオド「.」、スラッシュ「/」、コロン「:」、イコール「=」のみ。⇒2009年10月8日付け支援システム改修内容
      ※イコールは使用できますが、「CN=」「OU=」「O=」「L=」「C=」という文字列をO,OUの値に含めることはできません。
  • CSR(#7)について、その他のルールは次のページを参照すること。⇒CSRに関するルール
  • 加入者E-mail(#10)は、証明書取得URLの通知に用いられるので入力ミスがないようにすること。
    次のような正規表現によってチェックされる:[\w\.\-]+[\w\-]@(?:[\w\-]+\.)+[\w\-]+
  • 加入者FQDN(#11)は、プロジェクト参加申請書に記載された対象ドメイン内のものであること。
  • dNSName(#13)については、
    • 「dNSName=xxx.example.ac.jp,dNSName=yyy.example.ac.jp」のように列挙する。(各FQDNの前に「dNSName=」を付けるのを忘れないこと)
    • DNと同様カンマの前後に空白を入れてはいけない。
    • 加入者FQDN(#11)に入力したFQDNをここで再度列挙してはいけない。
    • この項目に記載できるFQDNは7件まで(加入者FQDNを含めて8件)。
    • 「最大文字数」は加入者FQDN(#11)をこの形式で追加したものの文字数となります。実際に利用できる文字数はこれより少なくなりますのでご了承ください。
    ※この項目を使用する場合の例をFAQに記載しております。⇒FAQ 3.3
    ※この項目に記載したFQDNに携帯電話でアクセスする場合、一部の機種で警告が表示されることが確認されています。詳しくは情報交換ML:42以降での報告をご参照ください。⇒情報交換ML:42
  • 全角可の項目(#8, #9, #12)において、使用可能文字はJIS X0208:1997(JIS第一・第二水準の漢字)+JIS X0201の範囲となります。第三水準以降のものにつきましては第二水準以下の漢字に置換して作成してください。