TSVファイル種別
証明書種別
証明書プロファイル
発行方法
注意
2018/3/26実施のメンテナンス終了後に新規発行/更新発行するサーバ証明書については
CT対応認証局への切り替えに伴い、中間証明書の変更が必要となります。

従前と同じプロファイルのサーバ証明書を作成する場合は、CSRをRSA鍵署名で作成し、
証明書プロファイルを「3:サーバ証明書(sha256WtihRSAEncryption)」としてください。

ECCサーバ証明書を作成する場合は、CSRをECDSA鍵署名で作成し、証明書プロファイルを
「11:サーバ証明書(ecdsa-with-SHA384)」としてください。

ECDSA鍵署名で作成したCSRを「3:サーバ証明書(sha256WtihRSAEncryption)」でのサーバ証明書発行に
使用することはできません。

RSA鍵署名で作成したCSRを「11:サーバ証明書(ecdsa-with-SHA384)」でのECCサーバ証明書発行に
使用することはできません。
オプション
CSVファイル
ファイル選択
登録機関名(英語)
機関名はこちらでご確認ください
※CSVのサンプルはこちらをご参照ください。
都道府県名(英語)
市町村名(英語)
失効理由
失効理由コメント
2017/3/1以降,コード署名用証明書はCSR個別のみの発行となります。
また,コード署名用証明書の発行に一日~二日程度のお時間をいただきます。
発行されたコード署名用証明書については,L=機関所在地の市町村,ST=機関所在地の都道府県となります。
※発行支援システムにアップロードするTSVファイルは本ツールで作成したものを引き続きご利用いただけます。
※秘密鍵の危殆化などにより緊急の失効が必要な場合は,失効理由コメントに「緊急失効依頼」と記載してください。
オプション
発行済み証明書一覧TSVファイル
ファイル選択
利用管理者氏名
利用管理者Email
有効期限切れ
失効済み
TSVファイル
ファイル選択