メニュー

FAQ

サービスについて

Q1-1

サービス利用のための条件はありますか


利用対象機関は参加要件に記載しております。そちらのページをご参照ください。

 

Q1-2

サービスの利用には費用が発生しますか


本サービスは,国立情報学研究所が行う有償の事業として提供されます。
サービスの利用料金については,「UPKI電子証明書発行サービス利用細則」の別紙をご参照ください。

 

Q1-3

料金の請求書はいつ頃届きますか


2015年1月から6月までに、サービス利用開始した機関に,2015年6月10日に請求書を発送いたしました。
それ以降の場合は,サービス利用を開始した月に請求書をご送付いたします。
また、複数のドメインでサービスをご利用いただいている場合、利用料は一括して請求させていただきます。

※当初請求書の発送は5月末頃とご案内しておりましたが、作業が遅れました。申し訳ありません。
 

Q1-4

利用期間の更新はどのように行われるのでしょうか


利用期間は年度毎に更新となります。
利用期間終了前に、更新の意思確認を行います。2017年度の確認は、2017年2月末〜3月頃を予定しております。

更新されなかった場合、また期限までに継続の意思確認が出来なかった場合、利用期間終了時に、すべての電子証明書を一括で失効させていただきます。
 

Q1-5

利用料金決定の基準となる、構成員数の数え方を教えて下さい


常勤の教員と研究者の数の合計になります。
常勤の職員、学生などは含みません。

弊所で提供しておりますCiNiiと同基準となりますので、もしCiNiiをご利用の場合は、図書館等にご確認いただき、同数での申請をお願い致します。
 

Q1-6

学校法人が持つドメインと,法人傘下の3つの学校のドメインを登録しようと考えています。構成員数はどのように数えればよろしいでしょうか


この場合,サービス利用申請時に、学校法人として申請を行って下さい。
構成員数は「学校法人に所属する常勤の教員と研究者の数」と,「その傘下の学校に所属する常勤の教員と研究者の数」の合計となります。

 

Q1-7

民間企業が,サービス利用対象機関の代理として申請・利用することは可能でしょうか

いいえ。民間企業が,サービス利用対象機関の代理として申請・利用することはできません。
利用申請は参加対象機関からのみ可能です。

 

Q1-8

民間企業が,サービス利用対象機関の代理としてサービス利用料の支払いをすることは可能でしょうか

いいえ。民間企業が,サービス利用対象機関の代理としてサービス利用料の支払いをすることはできません。
本サービス利用料金の請求は、サービスを利用する当該機関に対して行われます。

 

Q1-9

利用状況のフィードバックとはどのようなものですか

年度ごとにアンケート等を実施し,発行・失効したサーバ証明書の枚数や,各機関で実施した本人確認の方法・改善点等について報告していただきます。
実施の案内は、サービス窓口から登録担当者にお知らせいたします。